無敵の女刑事がおっぱいを銃剣で刺されたうえに銃撃でおっぱい粉砕

リョナ
リョナ 貧乳化・おっぱい損傷

「無敵の女刑事」などの異名を持つ美人刑事の天羽が、豊満な天然おっぱいに銃剣を突き刺され、そのまま銃撃される。犯罪者に恐れられる天羽も、これにはお漏らしするほど。>>感想
ebookjapan 弾(アモウ) 5巻

シーン

天羽弾は神無川県警羽羅磯署の美人刑事。「無敵の女刑事」などの異名を持ち、犯罪者に恐れられる存在。
敵組織に捕まった天羽と犬丸だったが、拘束を解き脱出を図る。
犬丸「先ぱあぁいっ」
天羽「いやー FALの壁抜き 気持ちいいわ シルディスタン以来だな ヘヘ」
犬丸「大丈夫ですか 先輩!!」
天羽「カスリ傷よ」

普段から無鉄砲な発砲をしている天羽の銃撃能力で雑魚を倒す。

 フッ
急に電気が消える。
天羽「伏せろ犬丸!!」
犬丸「わっ」

 ダンダン
敵A「げっ」
敵B「ぐはっ」

真っ暗闇でも銃声の位置から敵を見つけて素早く倒す天羽。

しかし、
 ドッ
天羽「あ゛っ!!!」
豊満なおっぱいに銃剣が刺さる。
千夜子「ヘヘ ターッチ!!」
天羽「ち… 千夜子… ペトロヴァ…!!」

そしてなんとそのまま銃撃。
股間が濡れている描写がエロい。

天羽「ぐあっ」
千夜子「ヒィヤアア!!!」

叫ぶ表情も色気がある。

無残にも削り取られていくおっぱい。

「無敵の女刑事」と恐れられる天羽のお漏らし。

漏らしながらも、なんとか反撃して倒す。

犬丸「先輩!!」
天羽「かあああ!!!」

 ビシュウウ ピュッピュ
おっぱいから血が噴き出る。
犬丸「しっかりして下さい 天羽さん!! 先輩!!」
天羽「くっそ 痛てて 乳焼けるうう!! ぬ…布 くれ 何でもいい… 早く血止めををを!!」
犬丸「あ はいい!! こいつらのシャツでも!?」
天羽「いひいい

天羽「ちょうどいい このAKの弾倉のガムテープを…」
なんとか止血。
犬丸「先輩!! 先輩!!」
天羽「おぐうう…あ 熱っ…つぐぐぐ 乳ひでえくふる ペトロヴァの糞が」

感想

山本貴嗣先生の独特なエロとグロ。銃剣でおっぱいを突き刺し、そのまま撃つというえげつなさ。天然おっぱいを容赦なくて削り取る。優れた容姿を損傷するフェティシズム。「無敵の女刑事」と恐れられる天羽がお漏らしまでするという描写も効いている。

このシーンは『弾(アモウ)』の5巻に収録されています。


ebookjapan 弾(アモウ) 5巻

Amazon 弾アモウ 5巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました