女組長とのセックス勝負に負けてペニスを切り取られる危機

梶木連合の二代目気取りである小原良だが、対立する極道組織とトラブル。女組長をセックス満足させれば見逃してもらえるが、負けたらペニスを切り取られる。

セックスとデカチン絶対の自信がある小原良は受けて立つ。しかし、女組長は不感症で……。

シーン

北海道でヤクザとトラブルになるが、
良「何度もいわせんなヨ オレが梶木連合会二代目の小原量だ!!」
二代目気取りで粋がるが、
ヤクザ「ウチと梶木は10年来の天敵同士なんだよ!!!」
むしろ逆効果で捕まってしまう。

組事務所で出てきたのは色気のある女組長。
女組長「おいで アタシが梶木玄馬の跡を継ぐにふさわしい男か試してあげる」
良「(イヤーな予感…)」

女組長と2人きりになると、着物を脱ぎ始める女組長。
女組長「タクシー代8万5千円 チャラにしてあげても良くてよ」
良「ど…… どーゆーこったい そりゃ?」
女組長「私を満たすことができたらね――――」

女組長「それができなかったら…………アンタのブツを切り取らせてもらうよ」
女組長をセックスで満足させれば見逃してもらえる。しかし、失敗すればチンコを切り取られてしまう。
チラリと見える尻も良いです。

危険すぎるセックス勝負だが、
良「へへっ 悪いな そいつぁオレっちの専売特許だぜ オレのボッキ率はハンパじゃねェーぜ!!!」
セックスとデカチンには絶対の自信がある小原良。悩まず受けて立つ。

得意のピストンで女組長を突きまくる。
 パンパンパンパンパン
良「どりゃああああ!!! おりゃああああ!!!」
 ぱこんぱこんぱこんぱこんぱこん
しかし、女組長は平然としていて、
女組長「オカマになる前に 何か いいたいことでもある…………?」
良のデカチンもピストンも、まったく通用せず。

良「(この女 なぜ感じねェーんだーーーッ!!? これでどーだ!! こいつはーーー!? これでもか!!?)」
 レロレレレレレロレレロ
良「こーして こーして こーして こーしても感じねェーのかぁぁ!!!」
乳首を攻めたり手マンしたりクンニしたり手を尽くすが反応なく、
良「(落ちつけ 落ち着くんだ小原良 きっと何か手はあるはずだーッ!!!)」
このままではチンコを切り取られるので、さすがに焦る良。

良「うおおおぉぉっっ!!!!」
気合を入れてピストンするが、
 どぴっ
良「先にイッちまったでねェの…」
女組長をイカせる前に自分が射精。

良のピンチを知り、ヘリで助けに来た梶木連合の令嬢である美妃。
美妃「小原良はどこ?」
銃を突き付けて良の場所を聞くと、そのヤクザから事情を話してもらえる。今の女組長は前組長とのセックス中に梶木組の襲撃に合って組長が殺され、それ以来不感症になったと。そして良がチンコを切り取られる危機にあることも。
ヤクザ「そこに飾ってある額を見てみろ 姐さんを感じさせようとして敗れたやつらのモニュメントだ」
美妃「!!」
半蔵「チ… チン拓だ!!」
そこには無数のチン拓。良が初めてではなく、すでに男を奪われた者が何人もいた。
ヤクザ「へへ… 今ごろ あの二代目きどりのアホウも切り取られて――――」
美妃「お黙り!!! 急いで!! 組長のマンションへ行くのよ!!」
惚れた男のチンコが奪われる危機。急いで救出に向かう美妃。

女組長のマンションの外では、
ヤクザA「まだ悲鳴が聞こえねェーな あれだけはゴメンだよ」
ヤクザB「ふ プロのホストがタバになっても感じなかったものを あんな小僧じゃ相手不足ってもんだぜ」
あのチン拓はプロのホストたちも交ざっているのか。

良「(ダメだ… ピクリともしねェーー………… オレのスペシャルをくらって 顔色ひとつ変わらなねェー女じゃ マジでお手上げだぜ!!)」
打つ手なしの良。
良「あンた 不幸な女だよ… 自分がヤクザの組長だってことにこだわって それ以前に女であることを忘れてやがる…………」
女組長「泣き言なら聞かないよ――――」

良「SEXってのは相手がいてヤルもんだぜ 自分から心を閉ざしていたんじゃ 相手の男に失礼だし感じるワケねェーよな……………」
女組長「泣き言は聞かないっていってるだろ」
良「死んだ親分と気持ちよくヤってた頃には お互い心を開いてSEXしてたんだろ――――? だからよ ココはひとつ オレを死んだ親分だと思って もう一度チャレンジしてみよーじゃん」
語って説得モードに入るが、
女組長「フン 何を馬鹿なことを―― それじゃ約束どおり………」
通用せず、カミソリを手に取る女組長。

感想

色気のある女組長とセックス勝負、しかも自らのペニスを賭けるという刺激的すぎるシチュエーション。小原良はボッキ率とセックスに絶対の自信を持っているので余裕で受けて立つが、不感症だった女組長を相手にマズい状況になっていく展開がドキドキする。
そして助けに来た美妃が真実を知り、生々しいチン拓を見せられる。惚れた男のペニスが切り取られる寸前という緊張感。

作品

『ダボ』は全7巻。このシーンは2巻に収録されています。

eBookJapan ダボ (2)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です