コマシ屋の仁 vs 逆コマシの洋子

セックスで女を満足させて金を貰うサオ師の海藤仁。対立中の下条が送り込んだ刺客、逆コマシの洋子とラブホテルでセックス対決。

キャラクター

海藤仁
セックスのテクニックだけでなく、20cm超級の巨根の持ち主でもある。一流の竿師としてセックスで女を満足させて金を稼ぐ。

洋子
下条が送り込んだ“最終兵器”と呼ばれる逆コマシ屋。ナイスボディで男を欲情させるツボを心得ている。

シーン

相手が下条の刺客だとは知らずに声をかけてホテルに誘った仁。
ホテルに向かう姿を元弟子の直樹が見かけるが、
直樹「(ゲッ、なんの冗談だよッ! 連れてる女は下条が“最終兵器”と呼んでる逆コマシの洋子じゃねえかッ!? 仕掛けたな下条ッ! ヤバいぜ、仁さん… ひとこ言 忠告しておかないと!!)」
しかし、足が止まり、
直樹「(フンッ、今の俺は仁の弟子じゃねぇッ!! たとえ仁が洋子の正体に気づかず 下条の罠に堕ちたとしても それならそれで この俺がNo.1の座に近くなるだけの事よッ!!)」
仁を見捨てる直樹。

ラブホテルで仁が入浴していると後から入ってくる洋子。
洋子「ね… 洗わせて」
仁「え……」
シュッシュッシュッと仁の巨根を洗う。
洋子「わぁ、立派! これ以上大きくなったらアタシ、壊れそう」

仁「(ウッ)」
 パクッ カプカプカプ スリスリスリ クリクリ
仁「(こ、この女、フェラ・テクといい 指さばきといい 男を欲情させるツボを心得てやがる…… 素人じゃねえな! しかも その正体を隠してるって事は……何かある!?)」
洋子のテクで素人じゃないことに気付いた仁。しかし、正体まではわからない。

仁「(こうなりゃ 俺のテクでハッキリさせるしかねえか…)」
キスをして抱きかかえてベッドに移動。
仁「(ようしッ! どんな素性の女か知らねえが… コマシの仁のスーパー・テクに耐えられるかッ!? まずは過激な愛撫で反応を見る!)」
洋子もチンコを咥えて離さず、立ったままシックスナイン状態。
仁「(クッ…根元まで吸い込むような見事なフェラだ。自分のペースに持ち込む気だな)」

仁「(くそッ、先手をられてたまるか!)」
強引に体勢を変え、フェラから逃げてクンニ。
 レロンレロン ツンツン レロレロ
洋子「アアア」
仁「(そろそろ俺のスーパー・クンニの快楽に耐えられなくなってきたな… よしッ)」

クンニで洋子が感じているのを確認して、
 ズボッ
洋子「オウッ」
自慢の巨根を挿入して畳みかけようとするが、
仁「(ウッ)」
ニタッと笑う洋子。
仁「グウウ…」
 ギリリ… ギリ ギリ ギリ
仁の巨根を強烈に締め付ける。
仁「(こ、これはタコツボッ!! いや、それだけじゃない!? ミミズ千匹に かずのこ天井、三拍子そろってる!! それも並の締めつけじゃねえッ、俺のモノに吸いついて動かせないッ!!)」

戸惑う仁を煽る洋子。
洋子「どうしたのォ、プロなんでしょ、早くイカせて!」
仁「(く、くそォォ、ナメやがって… そりゃああ!!)」
 ズブズブズブ
挑発に乗ってピストンするが、

仁「(うおおッ ぎ、ぎもぢいい~~~ ぐうう~~ッ も、もう…」
 プル プルル…
仁「(ダメだア!!)」
 ドピュッ
耐えきれず暴発してしまった仁。
洋子「な、何よ、これェ もうイっちゃったのォッ!? ソーローなんじゃないッ?」
百戦錬磨のコマシ屋が早漏扱い。

仁「(ちっくしょおお!! もう1回だ!!)」
ズッ ズッ ズッ
再びピストンするが、
 どぴゅ
仁「アヘッ」
またしても早漏。
仁「(ダ、ダメだ! モノを動かせば動かすほど気持ち良くなって自滅してしまう)」
洋子「何がプロよッ、これじゃ童貞とのSEXじゃないよ! もうコマシ屋なんてやめたらッ!?」
仁「ウッ」
コマシ屋としての自信を喪失させようとする洋子。

仁「(もう1回発射したら完全にアウトだッ… この女の挑発的な暴言… 完全に俺のコマシ屋のプライドを崩そうとしてるな? このままじゃ初の汚点になっちまう… なんとか…)」
洋子「いつまでフニャチンなの!? 早くしてよッ!?」
さすがの仁でも3連発まで、リーチがかかった状態で、
仁「(……そうか!! 目には目を、歯には歯を… 力には力で対抗するしかねえッ!! 全神経を俺のモノに集中ッ!)」
洋子「どうしたのよ、目をつむって… いいの? コマシの仁はフニャチンだって吹聴しても…」
挑発を続ける洋子だが、
洋子「(ウ、ウッソォッ、こ、これは…!?)」

 ギンギンギン
洋子「(モノを硬くしてアタシの締めつけをはね返してる!)
 ズオアッ
洋子「あッ」
 バスバス
洋子「(クッ、やるわね! でも負けないわよ!!)」
 ギュウウウ ギリギリ キュッキュッ
カチンコチンのチンコと、ギュウギュウのマンコのバトル。

先に堕ちたのは洋子。
洋子「アウウ~~ン、す、すごい、信じられない… こ、こんなの初めて…」
 ガクガクガク
仁「(ようし、勝った)」
洋子「アア、気持ちよくなってきたわ、もっと激しくお願い…」
セックス勝負は仁の価値ですが、絶頂前にストップして、洋子から目的を聞き出す。

感想

白熱したセックス勝負の描写が良かったです。
19巻ということで、これまで一流の竿師っぷりを見せてきた仁が、まさかの2暴発で「ソーローなんじゃないッ?」「これじゃ童貞とのSEXじゃないよ!」と、まったく歯が立たない展開が衝撃。そこからのカチンコチンのチンコとギュウギュウに締めつけるマンコとのバトルが頂上決戦みたいで熱かった。

作品

どチンピラは竿師の仁がセックスで女を満足させて金を稼ぐという全21巻の長編。セックスのテクニックが問われる仕事だけに、イカせ合いみたいなシチュエーションも多く、今回のように自慢の巨根がピンチになることもしばしば。
このシーンは19巻に収録されています。

DMM どチンピラ (19)

eBookJapan どチンピラ おんな大好きッ!! (19)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です