女子校に通う男の娘のチン長測定

女子校に通う4人の男の娘。健康診断の日は4人だけ集められて極秘に診断。普通の健康診断とは違い、ペニスのサイズまで測定されることに。

シーン

女生徒A「はあんっ 結妃さま…!」
女生徒B「いつ見ても ご立派なクリトリス」
この漫画の主人公は女子校に通う男の娘、法女木結妃。

この女子校に通う男の娘は4人おり、健康診断の日は4人だけ集められて極秘に診断。
最初は普通にやっていましたが、
先生「つぎはペニスのサイズを測るからパンツを脱いで!」
南月「ペ…ペニ…って オチンチ…ですか!? き…聞いてません そんなの…!」
なんとチン長測定を行うという。
脚を開かせて、包茎チンポをすっと持ち上げて測定器をあてがう。

先生「長さ4.5センチ 直径2センチ 平均より少し小さいわねぇ 緊張して縮こまってるのかしら 他人に触られるのは初めて?」
南月「は…初めてです…う」
美人先生に測定されるだけでも恥ずかしいのに平均以下のサイズでさらに恥ずかしい。

先生「平常時の測定はおわったから 次は勃起時のサイズを測るわよ! ソフィー お願い」
ソフィー「はーい」
ナースのソフィーが勃起のお手伝い。先生もフェラしてくれます。

2人の攻めで元気に勃起して、
先生「やっと大きくなった えーと 長さ11.5センチ 直径3センチ… 膨張率は まあまあだけど やっぱり平均より ちょっと小さいわね 生殖器としての役割はじゅうぶん果たせるわ! 女の子を喜ばせることもできるわよ 実践してみましょうか」

ということで先生が自ら小さ目オチンチンを挿入して気持ち良くなってくれる。

結妃さまのお尻に突っこんだ双頭のディルドーの南月をズボッと入れちゃうプレイも。
さすが結妃さまは、南月より大きなオチンチン。

でもイク時は一緒でした。

感想

男の娘がエロい女教師にペニスの長さを測定されるシチュエーションってだけでも恥ずかしいですが、小さ目のペニスというのを知られるのも恥ずかしい。でもそのペニスで女教師を気持ち良くさせます。

2年目で場慣れして余裕を見せていた結妃さまも、結局は先生たちのペースにハメられて射精しちゃうのも良いです。

作品

FANZA 放課後ティン♂タイム【第1話立ち読み付き】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です