セックスで百戦錬磨の玄場遼が処女のフェラでまさかの暴発

セックスで男負け
セックスで男負け 早漏・暴発

私立探偵の玄場遼、マフィアの女ボスも刺客も自慢のビッグマグナムで虜にするほどの男。そんな女性経験豊富な玄場遼が処女のお嬢様のフェラで不覚にも暴発するシーン。

シーン

主人公の玄場遼は私立探偵。探偵としても優秀ですが女好きでもあり、そのペニスはマフィアの女ボスからも「日本人にして立派なモノをお持ちね」と言われるほど。

染谷会という一大組織の令嬢であるセレナが玄場遼に興味を持つ。
セレナに誘われて食事をした玄場遼は、24時間監視しているボディガードの目を盗んでセレナを連れだす。
しかし、ホテルでキスをすると、
セレナ「キス…って こんな味するのね…」
遼「あのーー お嬢様? もしかして男性経験はないとか?」
セレナ「ええ あなたが初めて お父様が許さないの」

なんとセレナは処女。

ヤクザ組織の令嬢の処女を奪うことになるが、場数の違う遼は動じない。
まずは前戯で、
セレナ「あはっ… ムネやだ…」
遼「反応が初々しくていいな そそるよ」

クンニでビックーン!!と、いとも簡単にイカせる。

キスもしたことがなかったお嬢様に自慢のビッグマグナムを見せる遼。
セレナ「…… これが男の…!?」
遼「そう 生で見るのは初めてかい」

18cmくらいありそう。

セレナ「ええ! あ… すごく硬いんだ… 先の方はスベスベしてるのね」
両手で握っても余りあるペニスを触って舐めて咥える。

処女のフェラなんて他愛ないものだと思いきや、
遼「お…おい いきなりそんな深く… 初めてだろ?」
じゅぱっじゅぼっと、遼のペニスを深く咥えるフェラ。
遼「(うおっ すげ… マジかよ…? 散々仕込んだレイはおろか そっちではプロのマコ以上…!? い…いや これはテクじゃない…!? それ以外のもので俺の身体が反応してるのかな こんな素人娘に…!!)」

遼「い…っ (はやっ!!)」
 どぷうっ!!
「イクッ」とも言えずに暴発。
セックスでは百戦錬磨の遼が処女のフェラで暴発させられる。

感想

マフィアの女ボスや自分を襲ってきた刺客をセックスで虜にさせるほどの百戦錬磨の玄場遼が、処女を相手に童貞君みたいな暴発をするという不覚。

『幕の内でらっくす』は全3巻。
このシーンは3巻に収録されています。

eBookJapan 幕の内でらっくす 3巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました